飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

浮遊物が見える飛蚊症

スポンサーリンク

>>飛蚊症の症状とは?<<からの続きです。

飛蚊症の三つの症状

前述した事例では、網膜剥離が原因の飛蚊症についてご説明させていただきました。ここでは飛蚊症そのものの症状について取り上げてみたいと思います。

飛蚊症の症状は下記の通りです。

(1)小さな浮遊物が目に映る
(2)目をこすっても消えることがない
(3)視線を移動させても追いかけるようにしてついてくる



飛蚊症の症状の一番の特徴は何と言っても、その病名にもなっている小さな糸くずやゴミ、蚊のようなものが飛んでいるようにも見えることです。

浮遊物の形状については、かなり個人差がありまして糸状のようにも見える場合もありますし、丸い輪になっていることもあります。そして蚊のようにも見えることもあるんですね。


目に映る浮遊物は、目をこすっても消えることはありませんし、視線を移動させてもついてきてしまいます。そして周りが明るいほうが一層、ハッキリ見えるという特徴もあります。

もしも上記のような症状を自覚しているようであれば、あなたも飛蚊症だということを認識しましょう。

日常生活に影響が出ることもある飛蚊症

飛蚊症は、命が危険に曝されるような病気ではありません。しかしながら、症状の酷い人は目に映る浮遊物によって視界を大きく遮るケースもあります。そうなると日常生活にも影響が出てしまいます。

しかし日常生活にまで影響の出てしまうような飛蚊症の方は少なく、多くの場合飛蚊症になってもそのまま放置している人のケースの方が多いのであります。

というよりも生理的飛蚊症は治療方法がないので、結果として放置するしかないというのが現実かもしれませんね。


2chの飛蚊症のスレッドを拝見しますと、かなり症状の酷い方もいらっしゃるようで、国内でも硝子体の濁りを除去する飛蚊症の手術が一般的になることを希望している人が少なからずいらっしゃいます。

それでも、手術を希望するしないはともかくとして、飛蚊症でお悩みの場合は取りあえずは眼科に相談すべきだと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事