飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

飛蚊症って治りますか?

スポンサーリンク

個人差の大きいい飛蚊症の症状

飛蚊症とは、糸くずとかゴミのような物が目の前に浮かんで見えてしまう病気のことです。

その浮かんで見える浮遊物が蚊のようにも見えることから飛蚊症と呼ばれているわけですが、なぜそのようなものが目に映るのかと言えば、眼球の中の硝子体が何らかの理由によって濁りが発生することから引き起こされます。


飛蚊症の症状である、目に浮遊物が目に映ったとしても、全然気にしない人もいれば、自覚症状そのものがほとんどない人もいます。

その一方で、飛蚊症の症状が酷くて日常生活にも大きな支障の出てしまう人もいます。飛蚊症の症状自体にも個人差がありますし、また症状の受け止め方も人によって様々なのです。


さて飛蚊症の元凶となる硝子体の濁りですが、この濁りは一体どこからくるのでしょうか?

硝子体の濁りは加齢、ストレスや疲労の蓄積などからくることもありますし、他の病気が原因となって引き起こされることもあります。

飛蚊症の原因となる病気とは?

飛蚊症の症状の元となる硝子体に濁りが出てしまう病気には、下記のようなものがあげられます。

【飛蚊症の原因となる病気】
(1)網膜裂孔(もうまくれっこう)
(2)網膜剥離(もうまくはくり)
(3)硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)
(4)黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)
(5)ぶどう膜炎(ぶどうまくえん)
(6)糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)


※詳しくはこちらをご参照下さい。
>>飛蚊症に潜む危険な病気とは?<<


なかなか厄介な病気が名を連ねていると思うのですが、いかがでしょうか?上記のような病気はでき得る限り早く治療を始める必要がありますね。

したがいまして、あまり自覚症状のない人でも危険な病気が潜んでいる可能性がありますので、飛蚊症の症状を自覚している方は、一度病院で診察してもらうことをおススメします。

結局のところ、他の病気によって引き起こされた飛蚊症は、その原因となっている病気を治すことで治まってくるでしょう


>>飛蚊症の治療方法は?<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事