飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

老化と病気が原因の飛蚊症

スポンサーリンク

>>飛蚊症の三つの原因とは?<<からの続きです。

加齢と病気からくる飛蚊症

【飛蚊症の三つの原因】
(1)生理現象からくる飛蚊症
(2)加齢によるもの
(3)他の病気からくるもの

(1)の生理現象からくる飛蚊症は、「飛蚊症の三つの原因とは?」をご参照下さい。


(2)加齢が原因の飛蚊症
老化は色々な病気の原因となってしまいます。飛蚊症もその中の一つなんですね。人間、年を取りますと角膜や水晶体の後ろにあって網膜に包まれている硝子体と、その包んでいる網膜が離れてしまうことがあります。

そうすると元々くっついていた場所に異変が発生して飛蚊症の症状が現れることああるんですね。このような形で硝子体と網膜が離れてしまう症状は後部硝子体剥離と呼ばれております。

後部硝子体剥離から飛蚊症の症状が表面化した場合、発症当初は浮遊物が気になるかもしれませんが、それも徐々に小さくなって自然ときにならなくなるでしょう。


(3)他の病気が原因の飛蚊症
飛蚊症は、他の病気が原因となって症状が出てくる場合もあります。他の病気が原因の飛蚊症を老化が原因だと自分で判断して放置してしまうと危険な場合もあります。

この場合、飛蚊症としても症状が軽くても他の病気が進行することも考えられますので、すみやかに専門の病院に行って診察してもらうべきです。

他の病気からくる飛蚊症の中でも、特に注意が必要なのは網膜剥離や眼底出血などですね。


※網膜剥離とは?
眼球の中には網膜という膜がありますが、網膜剥離になりますとこの膜が剥がれて視力が低下してしまうんですね。また、網膜剥離の厄介なところは、最悪は失明の危険性もあるということです。

※眼底出血とは?
網膜の表面には無数の細かい毛細血管が存在しますが、この血管が破れたり塞がってしまうと網膜に出血することがあります。このような症状を眼底出血と言いますが、場合によっては重度の視力障害を招くことのある危険な病気です。

※>>飛蚊症に潜む危険な病気とは?<<をご参照下さい。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事