飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

飛蚊症と活性酸素の関係

スポンサーリンク

硝子体の濁りが原因の飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)とは目の前を何かしらの小さな浮遊物のようなもの、あるいは蚊が飛んでいるように見えてしまう症状のことです。

特に症状がハッキリと現れるのは、明るい場所であったり、あるいは白い壁、そして天気の良い日の青い空を見つめたりすると出てまいります。


飛蚊症で目に映る浮遊物は例え視線を移動させたとしても、それはまるで追いかけてくるかのように見えます。さらには目をこすっても、あるいは瞬きしても消えることはありません。

ただ、暗い場所に移動しますと全くと言って良いほど浮遊物は存在自体がなくなったように見えなくなります。


それではこの浮遊物の正体とは一体何なのでしょうか?飛蚊症で目に映る浮遊物の正体というのは、眼球の器官の一つである硝子体の濁りなんですね

ちなみに硝子体というのは、水晶体の後ろにあって内腔を占めている透明で、ゼリー状になってる組織のことです。硝子体は、ガラス体とも呼ばれタンパク質で形成されております。


明るい場所を見たりしますと、硝子体の濁りは影となって網膜に投影されて、それは浮遊物のように見えてしまいます。

そして濁りは硝子体にあるわけですから、例え眼球を動かしたとしても、一緒に動いて常に見えてしまうわけであります。

硝子体が濁るのはなぜ?

ところでこの飛蚊症の原因となっている硝子体の濁りですが、なぜ硝子体が濁ってしまうのでしょうか?

そもそもの話、硝子体が濁らなければ飛蚊症にならないわけですからね。

硝子体が濁る原因としましては、生理的な要因と病的な要因があります。これらの中で、生理的な要因が活性酸素なのであります。


活性酸素は、色々な不具合を人間の体にもたらします。色々な不具合の一つが、飛蚊症の原因にもなっている硝子体の濁りということなのです。

余談になりますが、活性酸素がもたらす不具合で少しばかり意外かもしれませんが加齢臭の原因になると考えられております。


>>飛蚊症の原因となる活性酸素<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事