飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

飛蚊症の「栄養」「レーザー」「手術」という3つの治療方法

スポンサーリンク

病的飛蚊症と生理的飛蚊症

飛蚊症と言いますと、目の前を蚊のような浮遊物が目に映り込んでしまう症状のことです。

そして飛蚊症には、病気からくる病的飛蚊症と年齢などからくる生理的飛蚊症があります。

何らかの病気が原因で、飛蚊症の症状が現れている場合は、当然のことながら原因となっている病気を最初に治す必要があります。

それでは、生理的飛蚊症の治療方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

生理的飛蚊症の具体的な治療方法

飛蚊症の具体的な治療方法には、大きく3つに大別できます。その治療方法とは、下記のような内容になるんですね。

・栄養の補給
・レーザーによる治療
・手術による治療

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・栄養の補給・・・飛蚊症は、栄養バランスが崩れることでも影が大きくなったり、数が増えたりすることがあります。そんなことから、目に良いと言われる栄養を補給することで飛蚊症の症状が改善することもあるんですね。

実は、目に良い栄養の補給は飛蚊症の治療で最も効果がある方法だという考え方もあるんですね。実際に必要な栄養素の補給で、飛蚊症の症状が改善された人たちは、たくさんいらっしゃるのです。

飛蚊症の症状の改善に期待のかかる栄養素としましては、「ビタミンA、」「ビタミンC」「ビタミンE」「αカロテン」「βカロテン」「セレン」「亜鉛」などをあげることができます。

ということで、栄養のバランスもしっかりと考慮しながら、上記の栄養素を補給していただければと思います。

・レーザーによる治療・・・飛蚊症は、硝子体が濁ることで黒い影が見えるようになってしまいます。飛蚊症のレーザーによる治療というのは、この硝子体の濁りをレーザーを照射して細かくする治療になります。

したがって、濁りがなくなるのではなく細かくなるだけですので、レーザーによる治療で治ることはありません。あまり、満足度の高い治療とは言えないでしょう。

・手術による治療・・・飛蚊症の治療の選択肢の一つに一つに、手術という方法もあります。飛蚊症の手術は、濁りのある硝子体を入れ替えてしまうことになります。

しかしながら、手術を行っても症状が残ってしまったという方もいらっしゃいます。この硝子体手術もまた、あまり満足度の高い手術とは言えません。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事