飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

早急な治療が必要となる後部硝子体剥離が原因の飛蚊症

スポンサーリンク

放置してはいけない病的な飛蚊症

目の前を、おかしな動きをする浮遊物のようなものが見えてしまう飛蚊症ですが、この飛蚊症のの原因には色々なケースが考えられます。

加齢などの年齢からくるような生理的飛蚊症は、それほど問題ないのですが、何らかの病気が原因となって飛蚊症が引き起こされていたりしますと、これは放置しておくわけにはまいりません。

そして、病的な飛蚊症の原因の一つに“後部硝子体剥離”というケースもあるんですね。後部硝子体剥離は、放置すると網膜剥離の発症ということにもなりかねませんので注意が必要となります。

後部硝子体剥離とは?

眼球を構成していいる器官の一つに硝子体があるのですが、何らかの原因によってこの硝子体が変質して繊維組織が破壊されてしまうことがあるんですね。そうすると、硝子体全体が収縮することになり、その結果として硝子体と網膜間に隙間ができて発症するわけであります。

本来くっついているべき網膜と硝子体が離れてしまうわけですから、網膜上に存在する毛細血管が引違れて流血します。この流血した血液が、目に映って飛蚊症の症状となってしまうわけです。

そえrでは、この後部硝子体剥離という眼の疾患は、なぜ起きるのでしょうか?

後部硝子体剥離の原因は何ですか?

後部硝子体剥離が起きる原因としまいては、硝子体を組織しているたくさんの水分を含んでいるコラーゲン線維が、老化の進行によって収縮してしまうんですね。その結果、網膜から離れて前の方に移動することにになるわけです。

要は、するに後部硝子体剥離は老化現象に伴う症状の一つということになりますね。そしてこの後部硝子体剥離は、目の構造上、眼球が楕円状態にある近眼の人が発症する確率が高く、また女性に多いという特徴もあります。

後部硝子体剥離の放置は危険です

後部硝子体剥離の原因を老化と申し上げておいてなんですが、従来は50歳を過ぎた患者さんが多かったのですが、近年では生活習慣の影響から20代での発症件数が増加しております。けっして、年配者の目の病気ということではありません。

また、後部硝子体剥離を眼科に行くことなく放置してしまいますと、病状が進行することもあります。そうすると、網膜剥離を発症する可能性もあるんですね。

網膜剥離は、失明の恐れもある怖い病気ですから、飛蚊症の症状で違和感を感じるようであれば必ず眼科に行って診察してもらってくださいね。後部硝子体剥離の放置は危険です。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事