飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

危険な病気の可能性がある飛蚊症の原因となる硝子体出血

スポンサーリンク

病気が潜む可能性がある飛蚊症

飛蚊症の原因には、いくつかの種類があります。飛蚊症も、老化などによる生理的な飛蚊症であれば、それほど心配する必要がないのですが、しかし何らかの病気が潜んでいることもあります。

そんな病気の一つが、“硝子体出血”なんですね。そもそもこの硝子体というのは、眼球を構成する組織の一つで、水晶体の後ろに位置している透明なゼリー状のもので内腔が満たされています。

この硝子体は、コラーゲンと呼ばれるタンパク質でできております。そんな硝子体なのですが、何らかの原因によって網膜の毛細血管が断裂などの損傷を受けてしまうことがあるのです。その結果、流血した血液が流れ込んで硝子体出血になってしまうのであります。

硝子体という組織には、血管が存在しない透明な組織になっていますので、流入した血液が網膜に影として写り、飛蚊症の症状が現れるわけなのです。

硝子体出血による飛蚊症は、『墨を流したような黒い影が見える』とか、『赤い血の色が見える』などの症状が現れると言われております。

硝子体出血の原因で考えられること

硝子体出血の原因としましては、下記のようなことが考えられます。

・糖尿病性網膜症
・網膜中心静脈閉塞症
・老化

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・糖尿病性網膜症・・・糖尿病性網膜症とは、糖尿病と合併して引き起こされる疾患で、一度発症するとなっていますので、治りづらく失明の原因になることもある怖い病気です。病状が進行する過程で硝子体出血が起こることがあるのです。

・網膜中心静脈閉塞症・・・網膜の静脈が途絶えることで発症する眼の疾患で、網膜全体で出血することがあります。この出血が、硝子体出血となってしまうわけですね。

・老化・・・老化によって後部硝子体剥離が発生して、血管を強く引っ張ってしまうことがあるんですね。その結果、毛細血管が切れて硝子体出血となるのです。

硝子体出血が起こると、飛蚊症の症状だけではなく、視界が霞むとか視力が低下するなどの症状が現れることもあります。ただ、少量の出血ということであれば、時間の経過に従って、自然に治まることもあります。

硝子体出血は、網膜剥離という失明の可能性がある疾患が潜んでいることもあります。したがいまして、慎重なる検査が要求されます。

もし仮に、網膜剥離を発症しているのであれば、硝子体の出血を取り除く処置をして剥離した網膜を回復させなければ失明する可能性が高くなってしまうでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事