飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

食事療法や目薬などの薬物療法による飛蚊症の治療方法

スポンサーリンク

老化やストレスなどが原因の飛蚊症

飛蚊症の原因には色々ありますが、その中でも最も多いのは、老化やストレスなどによって引き起こされる生理的な飛蚊症ということになります。

そして飛蚊症の症状と言いますと、糸くずや小さなゴミのようなものが目の前に浮かんで見えてしまうという事象になります。

このようにして目に映る浮遊物は、視線の移動にもついてくる、なかなかイライラとさせるものでもあります。この飛蚊症の症状は、自然に消えるのを待つしか方法はありません。

失明や視力低下がない生理的飛蚊症

生理的な飛蚊症というのは、要するに生理現象ですから失明や視力低下の心配は必要ありません。そんなことから、特別に治療が求められるわけではないのです。ということで、あまり神経質に考えるべきことではありません

しかし、だからと言って目に映る浮遊物が鬱陶しいことに間違いありませんので、一度気にし始めると気になって仕方がないという方もたくさんいらっしゃいます。

このように、生理的な飛蚊症の症状が気になる方は、食事療法を行うことで眼球の機能を高めることで症状の緩和を図るという方法があります。

抗酸化物質を増やしましょう

老化が原因となって飛蚊症の症状が進むことは、よく知られていることと思います。老化が進行するということは、カラダの中では抗酸化物質が減少してしまうんですね。抗酸化物質の減少は、眼球の機能低下を招くことになります。

ということで、抗酸化物質の減少を抑えてカラダの中に増やしてあげることができれば、眼球の機能が向上して飛蚊症の進行を抑えることができますし、症状の緩和を図ることができるでしょう。

ということで、飛蚊症対策として食事療法を実施する場合は、抗酸化作用を高めてくれる栄養素を積極的に摂取することが大切なのであります。

抗酸化作用を高める栄養素としては、下記のようなものをあげることができます。

・ビタミンA
・ビタミンC
・亜鉛
・リポ酸

上記のような栄養素を豊富に含んでいる食べ物を積極的に食べるようにしましょう。ただし、食べ物からの摂取が難しい場合は、サプリメントからの補給でも問題ありません。

治療が必要な病気が原因の飛蚊症

飛蚊症の原因には、何かしらの病気が発生している可能性があります。例えば、硝子体出血や網膜裂孔などの眼球の病気を例としてあげることができます

網膜裂孔のような病気は、進行すると失明の危険がある網膜剥離を発症する可能性があることから、適切な治療を受ける必要があります。

網膜裂孔は多くの場合、レーザー治療が実施されることになるでしょう。ただし、これは飛蚊症の治療ではなく、網膜裂孔という病気の治療ということになりますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事