飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーザーなど飛蚊症の手術で必要となる費用とリスクの問題

スポンサーリンク

効果的な治療法がない生理的飛蚊症

飛蚊症は、その多くは眼球の老化現象として現れてまいりますが、このような生理的な飛蚊症が失明に繋がることはありません。

しかしながら生理的な飛蚊症は、目の前に映る浮遊物を取り除くための効果的な治療医方法はありません。

何しろ飛蚊症は、眼科医が『「生理的飛蚊症は治療の必要がありませんよ』と説明するくらいですからね。

飛蚊症治療の手術という選択肢

ただ、それでも目の前をちらつく影は、患者さんからすれば、非常に鬱陶しいわけでありまして、眼科医から治療の必要がありませんと、突き放されてしまいますと途方に暮れる方もたくさんいらっしゃることでしょう。

このような方たちの中には、手術を受けてでも症状を改善させたいと考える患者さんのもいらっしゃることかと思います。このような形で、飛蚊症の手術を真剣に検討しようとする方にとって、最も気になることの一つに費用の問題が発生するはずです。

それでは具体的に、飛蚊症の手術で必要となる費用はどの程度のものになるのでしょうか?

硝子体手術における網膜復位術

飛蚊症の具体的な手術の方法には、硝子体手術である網膜復位術と呼ばれる方法があります。近年において硝子体手術は、かなり医療技術が進歩しておりまして、網膜復位術という手術を取り入れる病院が増えています。

網膜復位術では、硝子体を取り除くことになりますので、浮遊物が網膜に映る原因となっている硝子体に発生している濁りなどもキレイになりますので、視界がクリアになるはずです。

当然のことながら、手術と名が付けば、そこには必ずリスクというものが存在しますので、事前によく主治医と相談する必要があるのは言うまでもないことですね。

飛蚊症の手術で必要となる費用は?

これもまた、当たり目のことではありますが、飛蚊症の手術で必要となる費用は病院によって異なります。ただそれでも、手術自体に発生する費用につきましては、保険が適用となるはずですから3割負担を考慮した場合、6万円くらいとなるでしょう。

しかしながら飛蚊症の手術では、たくさんの量の薬が使われることになります。また多くの場合、入院が必要となりますから、入院費についても考慮しておくべきです。

手術と薬、そして入院費用を合計しますと、最低でも20~30万円程度の費用負担と考えておくとよいでしょう

アメリカで飛蚊症手術を受けた場合

アメリカでは、飛蚊症の原因となっている硝子体の濁りをレーザーで細かく粉砕してしまうという手術の方法を行っているところがあります。

しかしながらアメリカで手術を受けるということは、専門のコーディネーター業者に依頼をすることになりますので、業者さんへの支払いを含めた費用としましては、50~100万円くらいは必要となると言われております。

ただし、レーザーで硝子体の濁りを粉砕するということは、濁りが細かくなるだけでなくなるわけではありませんからね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事