飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

飛蚊症治療における硝子体手術で生じる失明などのリスク

スポンサーリンク

硝子体の濁りを取り除く手術

私たちの眼球を構成している組織に硝子体があります。この硝子体は、本来は透明なゼリー状のものでできているのですが、老化などが原因となって硝子体に濁りが発生することがあるんですね。

これが、浮遊物のような影となって映る症状が、飛蚊症なわけであります。

そんな飛蚊症ですが、何らかの手段で持ってこの硝子体に発生している濁りを取り除くことができれば、飛蚊症の症状も解消することができます。濁りを取り除いてしまえば、視界が良好になるのは当然のことですね。

以上のように、硝子体の濁りを取り除く方法の一つに硝子体手術があるのです。

硝子体手術の成功率はどのくらい?

患者さんの眼球の状態は、それぞれで違いがありますので一概に決めつけるわけには参りませんが、仮に眼球の状態が飛蚊症の症状だけで、剥離や出血がないという前提であれば、硝子体手術の成功率は90%という高確率だと言われております。

しかしながら、そうは言っても手術と名が付けば、そこには必ずリスクが存在します。ハッキリ言いまして、何を持って手術が成功したといえるのかどうかということと関係してくるのであります。

飛蚊症の手術を受けた患者さんの多くは、「浮遊物の数は減ったものの全部キレイになっていない」とか、「浮遊物がまた見えるようになってきた」などの不満を語っているという事実があるのです。

専門家の医師の判断としては、手術としては成功したと言える状態であっても、患者さんの側の満足度はけっして高いものではありませんし、また、再発する可能性がある手術と言えるのです。

不自由を強いられる入院期間

飛蚊症の手術は、手術をすればそれで終わりというわけにはまいりません。実際に飛蚊症の手術を受けるとなると、準備段階として苦痛を伴う眼球の滅菌作業がありますし、手術後は細菌に感染しないように細心の注意を払って生活する必要があります

万が一にも感染症などを起こしてしまいますと、失明の可能性だってゼロではありませんからね。

そしてこの手術後なのですが、安静期間を設ける必要がありますし、眼球の状態を確認する検査も行われることになります。そんなことから、入院期間が長くなることもありますし、その分、社会復帰にも時間を要することになるでしょう。

硝子体手術を勧める医師はいません

上記で説明しているように、飛蚊症の手術は入院期間がある程度必要なこと、合併症による失明のリスクがあること、手術の満足度が低いこと、再発する可能性があることなどなどから、今の時代は手術を勧める医師はほとんどいないというのが実情です。

もし、本当に手術を検討するのであれば、リスクについて今一度考えてみるべきだと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事