飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

子供でも起こる飛蚊症の症状と軽減させるための改善方法

スポンサーリンク

蚊ような物体が飛んで見える飛蚊症

あらためて言うのも何ですが、飛蚊症ってご存じですか?飛蚊症というのは、文字通り目の前を蚊の如き浮遊物が飛んでいるように見える状態のことです。

飛蚊症を発症しますと、目に映る視界の中には常時蚊のような、あるいはゴミのような浮遊物が見える眼の状態のことを言います。

飛蚊症の症状の特徴

浮遊物の形状につきましては、大きな個人差がありまして、人によって様々なのであります。もっと具体的に言いますと、「糸状の物体」「小さな粒上の物」「丸い輪になっている物」「糸くず」「ゴミのような物」「水玉模様」などなどあったりします。

飛蚊症の浮遊物として目に映るゴミのようなものの色合い的には、黒色や白色、そして半透明なものなどと言われております。

以上のように飛蚊症は、見たくもないものが視界に入ってしまう浮遊物は、視線の矛先を変えても付いて来きます。また、このような症状は、特に明るいところでクッキリと目に映ってしまいます。そして、その形状は時間が経過することで変化してまいります。

飛蚊症の原因って何ですか?

飛蚊症の最も大きな原因と言いますと、加齢による老化ということになります。人間のカラダは、老化によって活性酸素が増えてしまうんですね。それは、眼球の中も同様なのです。

眼球のなかの活性酸素が増えた結果、硝子体に濁りが発生して、それが飛蚊症の浮遊物として目に映ってしまうわけですね。これが、飛蚊症発症の代表的なメカニズムということになります。

また、活性酸素が増加する原因は加齢だけではありません。過剰なストレスや目の酷使でも増えることがあるんですね。そんなことから、近年では子供でも飛蚊症になる事例が増えているのです。

スマホ病に代表されるスマートフォンやゲームなどのやり過ぎは、飛蚊症の原因になりかねないということですね。

不快に感じる人もいる飛蚊症の症状

飛蚊症で目に浮遊物が映るという症状の受け止め方には大きな個人差がありまして、全然気にならない人がいる、その一方で、常時不快感を持っている人も少なくありません。

飛蚊症を不快に感じる人にとっては、精神的な苦痛を日常的に感じてしまうことになるのです。

しかしながら飛蚊症は、医療技術が大きく進歩した今の時代にあっても、有効な治療方法が確率されていないというのが実情なのです。

ただし飛蚊症は、「睡眠不足」「目の酷使」「ストレス」などによって悪化しますので、生活習慣を見直すことで症状を改善できる可能性はあります



スポンサーリンク


関連記事

新着記事