飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

近視とは遠くが見えない程度の視力しかない状態のこと

スポンサーリンク

遠くの物に焦点が合わなくなる近視

物が見えるというのは、物を見た時の映像が網膜で光の焦点が合うからです。それに対して近視とは、遠くの物を見た時の映像が網膜の手前で光の焦点が合ってしまう状態のことになります。

このように網膜の手前で光の焦点が合ってしまいますと、遠くの物は見えにくくなります。このような目の状態を近視と呼ぶわけですね。

近視は、眼球が光の屈折異常を起こした状態のために焦点がズレて網膜に投影されることから、遠くのものがボンヤリと見えてしまうのであります。

自覚した場合は眼科に行きましょう

近視は徐々に進行していることから、お子さんに自覚症状が現れたら、早急に眼科で診察してもらうべきでしょう。

また、遠くの物がよく見えなくなるという症状には、眼球の問題ではなく何かしらの病気が潜んでいる可能性もあります。

子供はともかくとしても、成長期がとっくに終わっている成人の方は、糖尿病のような病気が原因となっていることも考えられますので、安易な自己判断は危険であると言えますね。

ということで、成人されている方も、視力の低下を自覚した場合は、病院で相談しましょう

視力の低下を防ぐためにすべきこと

近視の進行を防止するためには、眼科医と相談の上で、メガネやコンタクトレンズなど必要な処置をしましょう。このような対応は、できるだけは早いほうが視力の低下を防ぐことができます。

また、デスクワークをされている方は、どうしても画面を凝視しがちですので、仕事の合間に必ず目に休憩を挟むようにする必要があります。そして目と画面からの距離は、50センチ以上離すようにするべきです。

さらに言えば、学生さんの場合、スマートフォンのやり過ぎも目を酷使することになりますので、連続しての使用は控えるべきですね。

今の時代は、“スマホ病”という造語ができるくらいに、スマートフォンにのめり込む人がいますので、このようなケースでは視力低下の危険が大きいと言えるのです。

そして新聞や本を読む場合は、30センチ以上の距離をおくことと、部屋の証明にも暗くならないようにご注意いただきたいと思います。

テレビを見る習慣がある方は、2メートル以上の距離を開けて目に対する負担を軽くする必要があります。もちろん、長時間の連続鑑賞は目に大きな負担がかかることは言うまでもありません。

今の時代、私たちの身の回りには便利ではあっても目を酷使するようなものが揃い過ぎていますので、それらのものと上手く付き合っていきたいですね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事