飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

子供の発症率が高い近視と仮性近視などの種類

スポンサーリンク

学校の視力検査で発見される近視

皆さんも覚えているとは思いますが、小学生に入学して以降、学校では定期的に視力検査を行ってくれます。

もちろん、小学校の集団検診ということになりますので、コンピューター測定するわけではなく、あくまでも簡易的な視力検査になります。

このようなごく簡易的な視力検査であっても、それなりに実態は分かるわけでありまして、検査結果で要注意となった子供は、眼科医との相談をすすめられることになります。

そして眼科に行った結果、医師から視力矯正のためにメガネをかけるように指導される場合と、視力の回復が見込める場合は、視力回復のための治療を受けることになるでしょう。

先進国ほど近眼率が高くなります

近視は別名“近眼”とも呼ばれるわけですが、日本人には近視人口が非常に多いという特徴もあります。そして、日本人は子供時代に近視となるケースが圧倒的に多いんですね。また、先進国ほど近眼率が高いという実態もあります。

そんな近眼率の高い日本なのですが、昔ならいざ知らず、今の時代は非常に優れたコンタクトレンズがあることから、活動時間帯のメガネ人口はそれほど高いものではありません。

もちろん、近視人口が多いことには変わりはありませんけれどもね。

仮性近視から始まる子供の近視

近視と言いますと、もしかしたら一つの種類だけと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、実は近視にもいくつかの種類があるんですね。

子供の視力低下が始まりますと、それは多くの場合は仮性近視からのスタートになります。今の時代は、スマートフォンを筆頭にしてパソコンやテレビゲームなど、目を酷使する環境が揃い過ぎていますよね。

そんなことから、目の使い過ぎで疲れ目となってそれが原因で一時的に視力が低下することがあるのです。このような、目の状態を仮性近視と呼んでいます。

仮性近視の状態であれば、目に休養を与えることである程度の視力回復は望めますが、それを放置すると、仮性近視が定着して屈折近視になるわけであります。

屈折性近視と軸性近視

屈折性近視とは、硝子体などの屈折異常で目に入ってきた映像が網膜の前の方で焦点を合わせてしまう状態のことで、この症状は近視対策で対応しませんと、着実に悪化することになります。

近視と言えば多くの場合、屈折性近視のことを指しますが、メガネやコンタクトで矯正することは可能です。

一方、近視には軸性近視と呼ばれる近視もありまして、これは眼球が生まれながらにして楕円状になっていることから、網膜までの距離が遠くやは焦点が網膜の前の方で合ってしまう状態のことを言います。

軸性近視は、メガネやコンタクトでは矯正できませんので、手術が必要となる場合もあります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事