飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

軸性近視とは遺伝で視力回復トレーニングが効果がない近視

スポンサーリンク

屈折性近と視軸性近視があります

疲れ目などが原因で一時的に視力が落ちる仮性近視を別にした場合、近視には二つの種類があります。それが、「屈折性近視」と「軸性近視」の二つなんですね。

屈折性近視とは、眼球に入ってきた光に対して角膜や水晶体の屈折率が強過ぎる状態のことを言います。

遠くのものを見た時に光に対する屈折率が高過ぎることから、光の焦点が網膜の手前で合ってしまうことから、ボンヤリとしか見えなくなるわけですね。

一方の軸性近視とは、一般的な人の眼球よりも形状が細長く楕円上になっていることから、眼球の奥行きが長く、そのために屈折性近視と同様に光の焦点が網膜の手前で合ってしまい、遠くの物を見た時にボンヤリ見える状態のことを言います。

視軸性近視の原因って何ですか?

一般的に近視と言えば、屈折性近視の事になりますが、屈折性近視は遺伝的要素は関係するものの、後天的な要因である生活環境に大きく影響を受けることになります。

しかしながら軸性近視の場合は、遺伝的な要素が強いんですね。ハッキリと言わせていただきますと、軸性近視はそのほとんどが先天的な遺伝からくるものなのであります。

軸性近視の人の眼球は、形状が楕円上になっていて奥行きが長いことから、それが原因となって色々な不具合が生じる可能性があります。

視軸性近視によって生じる不具合

軸性近視の人の眼球は、奥行きが長過ぎることから常に網膜が引っ張られた状態にあります。そのために、網膜が薄くなっている剥がれやすいのであります。網膜が剥がれますと、網膜剥離になってしまいますので失明の危険がでてくるんですね。

ということで軸性近視の人は、網膜剥離を起こしやすいと認識する必要があるでしょう。

また、軸性近視の人は視力回復トレーニングの効果がないと言われておりまして、手術をすすめられることが少なくありません。軸性近視の人が視力矯正を考えた時、メガネやコンタクトでも可能なのですが、レーシック手術という選択肢もあります。

ただしレーシックの手術と言いますと、視力の矯正を目的とした手術になりますから、仮に網膜が剥がれるような事態になった時には、別の手術も必要となってしまいます。

專門の医師とよく相談しましょう

もし万が一、軸性近視が明らかとなった場合は、今後の対処法について專門の医師とよく相談するようにしましょう。

安易にレーシックの手術を受けるのではなく、視力の矯正手術を受けたとしても網膜剥離の危険がなくなったことにはなりませので、このあたりのことを納得いくまで相談するべきですね。

手術と名がつけば、そこには必ずリスクというものが存在しますので、ご注意いただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事