飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

低下した視力!近視と遠視の違いはなんですか?

スポンサーリンク

種類がある視力が低下した状態

疲れなどから物がぼんやりと見えるなど、一時的に視力が低下した経験をお持ちの方は、少なからずいらっしゃるかと思います。

視力の低下も一時的なものであればよいのですが、それが定着してしまいますと厄介なものになりますね。

人間は、誰しもが年をとるものですが、年齢が進めば進むほど眼球の機能は低下してまいります。ご高齢の方ともなりますと、視力の低下に悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。

このような視力の低下には、いくつかの種類があるわけですが、ご高齢の方の視力低下と言いますと、何と言っても多いのは老眼ということになるでしょう。

しかしながら、もう少し年齢が下の方たちに起こる視力の低下といいますと、その代表的なものに「近視」と「遠視」があるわけですね。

それでは具体的に、近視と遠視にはどのような違いがあるのでしょうか?

視力が低下した近視とは?

近視とは、近くのものはよく見えるのに遠方のものはぼやけてしまう症状のことです。なぜ遠方のものがぼやけてしまうのかと申しますと、物を見た映像の焦点が網膜の前方で合ってしまうからなんですね。

眼球が近視の状態になりますと、角膜や水晶体が屈折異常を起こして通常よりも強く屈折してしまうのです。その結果、網膜で合うはずの焦点が前方で交差することになるわけです。

このように角膜や水晶体の屈折異常が原因で引き起こされる近視を屈折性近視と言います。近視には、屈折性近視以外にも眼球が楕円状になっていることから、同じく網膜の前方で焦点が合う軸性近視があります。

世の中で普通に使われている近視とは、屈折性近視のことになります。また、軸性近視は重度の近視の方に見られる症状になります。

視力が低下した遠視とは?

遠視とは、近視とは逆で遠くのものは見えるけれども近くのものは見えない症状と思っている方がいらっしゃいますが、それには誤りがあります。

遠視とは、近くのものも遠くのものも両方共にぼやけてしまう症状のことになります。ただ、年齢的にも若く眼球が元気で尚且つ遠視も軽度な場合は、近くのものは見えづらくても遠くのものは眼球の調整能力のおかげで見える場合もあります。

しかしながら遠視も、重度ということになりますと近くのものも遠くのものもぼやけてしまいます。遠視は、ものを見た時の焦点が網膜の後方で合ってしまう状態のことを言います。

重度の遠視は、水晶体が常時焦点を合わせようと働きかけることから眼精疲労を起こしやすく、近視と比較しても遠視の方が適切な治療が必要であると言えるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事