飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

親も目が悪かったりすると遺伝する確率が高い近視

スポンサーリンク

非常に多い親子で近視というケース

皆さんの身近にもいらっしゃるかと思いますが、親がメガネをかけていると、その子供もメガネをかけているという光景はよく見かけることですよね。

そんなシーンを思い浮かべたりしますと、やはり近視は遺伝するのかななどと実感される方も少なくないでしょう。

もちろん、今の時代はコンタクトレンズというものの使用率が高くなっておりますので、昔よりは親子でメガネをかけているというシーンは減ってはいますけどね。

それでも、近眼率が年々高くなっているという事実がありますので、親子で近視というケースは更に増えていることでしょう。

それでは実際に、近視は遺伝するのでしょうか?

特定遺伝子の欠損が原因が絡む近視

近年におきましては、遺伝子レベルの研究もたいへん進んでおりまして、そんな中から近視は、特定遺伝子の欠損が関係しているのではないかという発想が出てきておりまして、その考え方の行き着くところは近視は遺伝するということになるわけです。

また、眼球周辺にある結合組織の近視になりやすい構造は、これもまた遺伝的な要因となっているのであります。ということで近視は、間違いなく遺伝する確率が高いと言えるのです。

ただし、近視の遺伝子は二重まぶたなどのような優性遺伝ではなく劣性遺伝ではありますけどね。

後天的な要因の影響を受ける近視

近視は、遺伝のような先天的な要因によるものだけで起きるものではありません。近視以上に、後天的な要因の影響を大きく受けることになるんですね。

世界的に見ても近眼率の高い日本なのですが、この人たちの全てが遺伝が原因で近視になったはずもありません。

近視の後天的な要因と言いますと、要するに問題のある生活習慣ということになります。もっと具体的に言いますと、「スマートホン」「パソコン」「テレビゲーム」などのやり過ぎが現代人の近視人口を押し上げているのであります。

「スマートホン」「パソコン」「テレビゲーム」などのやり過ぎで、長時間にわたって液晶画面を凝視し続けたりしますと、目を酷使することになります。

このような目の酷使は、例え近視の遺伝子を持っていなくても間違いなく近視になってしまうでしょう。

近視が遺伝する確率は高いのですが、劣性遺伝であること、そして後天的な要因に大きく影響を受けることを考え合わせれば、近視を防止できるケースも非常に多いことは彰ななんですね。

したがいまして、親が近視だから自分も近視になるとは考えないで、近視を予防する努力をする必要がありますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事