飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

親からの遺伝や生活環境に大きな影響を受ける子供の近視

スポンサーリンク

上昇を続ける日本人の近眼率

日本人というのは、世界的に見ても非常に近眼率の高い民族であると言われています。

近年では、高性能なコンタクトレンズの登場や、レーシック手術を受けることに対するハードルが低くなったことから、メガネ人口は大きく減少したものの、目に関わる生活環境の悪化から近眼率は逆にアップしているのが実情です。

そもそものお話ですが、近視は遺伝すると言われているのですが、今のような目を酷使する人が増えている中では、遺伝よりも生活環境に起因する近視の方が問題が大きいと言えるでしょう。

近視の原因となる生活環境って何?

昔はよく、『暗いところで本などを読むと目が悪くなる』などとよく言われたものです。もちろん、このような行為は目に悪い影響があることは間違いのないところではあります。

そして今の時代は、パソコンやゲーム、そしてスマートフォンなどのやり過ぎが問題となっているんですね。これらの液晶画面を長時間にわたって凝視を続けるという行為が目を酷使することになるのです。

目を酷使すると、それは当然、視力の低下を招くことになって近視になったり、あるいは近視を進行させてしまうのであります。現代人の近視の元凶は、多くの場合、生活環境にあるわけですね。

遺伝する可能性が高いと言える近視

前述した通り、近視は生活環境に大きな影響を受けることになります。しかしながら、遺伝の可能性もなくなったわけではなく、厳然たる事実として存在しているんですね。ハッキリと言わせていただきますが、近視は遺伝する可能性が高いといえるのであります。

例えばのお話ですが両親ともに近視の場合、お子さんがまだ幼児期であるくらいから視力の低下を起こすことが少なくありません。

しかしながら、このような時期の近視というのは、仮性近視というケースが多く、訓練次第では視力の回復が見込める可能性があります。

ただし、視力回復に向けての訓練中は視力が低下した状態にあることから、メガネによる視力の矯正が必要な場合もあるんですね。このあたりのことは、専門医とよく相談する必要があるでしょう。

近視は遺伝する可能性が高いと言われていますが、だからと言って両親ともども近視ではないからなどと、その子供が近視にはならないということではありませんので、誤解のなきようにお願いしたいと思います。

繰り返しになりますが、近視は生活環境の影響を受けて視力が低下することは、よくあることですからね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事