飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

近視の進行とともに気になってくるメガネレンズの厚み

スポンサーリンク

近視メガネで気になるレンズの厚み

近視になりますと、何かしらの方法で視力を矯正しなければ、遠くのものをハッキリと見ることができません。

近視の視力矯正で、最も簡単の方法はメガネをかけることです。

この近視も、メガネレンズの度数が低いうちはレンズの厚みも気になることはありませんが、近視が進行するとメガネレンズの厚みが増していくことから、やはり気になってしまいますよね。

レンズが厚くなるのはなぜ?

近視は、視力が低下すればするほど焦点の距離が角膜から離れることになりますから、その分だけ屈折率が高いメガネレンズを使わなければならなくなってしまいます。屈折率が高いメガネレンズというのは、当然のことながらその分、厚くなってしまうわけであります。

近視のメガネレンズと言いますと、凹レンズが使われることになりますが、凹レンズは皆さんもご存知の通り、中心部が薄くて外側に行くほど厚みが増すレンズになっています。

凹レンズを通して物を見た場合、レンズ中心部分は見やすいのですが、中心部分を外れれば外れるほど見た物が歪んでしまいます。ということで凹レンズは、視野が狭いレンズと言えますね。

レンズが厚くなることの弊害は?

近視の進行で視力が低下して、それを矯正するため厚みが増したレンズのメガネをかけますと、分厚いレンズの影響から顔の輪郭が変形して見えてしまい、顔の印象はあまり良いものではなくなるんですね。

また、レンズが分厚くなると当然、その分重くなりますので耳が痛くなることも珍しくありません。ということで、メガネのレンズは厚くなればなるほど色々と弊害が出てくるのであります。

顔の印象を気にしない人であればともかくとして、やはりそれが気になる方には“両面非球面レンズ”がおすすめです。

高性能な両面非球面レンズ

両面非球体レンズは、通常のレンズと比較した場合、外側の歪みが非常に少なくなるように抑えられていることから、物の見え方が安定しているレンズになっているんですね。そのおかげで、自然な視野を得ることができるでしょう。

ただし、このような高性能な分、値段は少々高くなってしまいます。しかしながら、近視が進行してメガネの度数が高くなっている方にとっては、非常に重宝するレンズにはなっていますので、使い勝手もかなり良いレンズと言えるでしょう。

近視の人にとっては、メガネは必需品になりますので、多少は高くても使い勝手の良いものを選ぶべきでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事