飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

近視の視力矯正はメガネとコンタクトのどちらがいいの?

スポンサーリンク

高性能なメガネとコンタクトレンズ

その昔、メガネで言えばガラスのレンズが使われていた時代、そしてコンタクトレンズで言えば、高純度とは言え、プラスチックレンズだった時代を知る人間からすると、今の時代のメガネやコンタクトというのは、まさに異次元の進化を遂げたような高性能な物が一般市場で当たり前のように販売されております。

そんなことから、近視で視力の矯正をする場合、メガネを選ぶにしてもコンタクトレンズを選ぶにしても、使い方さえ誤らなければ何の問題もありませんよね。

ただ、なまじっかどちらも高性能なものがありますので、どちらを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。しかしながら両者を比較した場合、当然のことながら一長一短があります。

ということで今回は、メガネとコンタクトの一長一短についてご説明させていただきたいと思います。

メガネとコンタクトの一長一短

成長期にある近視の子供がメガネをかけた場合、時折、視力がドンドン低下してしまったというようなお話を聞くことがあります。しかしながらそれは、メガネのせいというよりも近視の進行にストップがかからなかったと考えるべきでしょう。

メガネとコンタクトレンズを比較した場合、目にかかる負担はメガネの方がはるかに軽くてすみます。何しろコンタクトレンズは、眼球と直に触れていますからね。

また費用の面から考えた場合、コンタクトレンズは消耗品みたいなものですから、高くなってしまうでしょう。

その代わりスポーツをする場合は、圧倒的にコンタクトレンズの方に理があります。コンタクトレンズを使ってできないスポーツは、ごく限られたものになるはずですからね。

かつて格闘王と言われた前田日明さんが、プロレスの試合でコンタクトレンズを使ったことがありまして、そのことが雑誌で報道されたこともありました。

コンタクトをつけたまま、あれだけの激しい闘いができるわけですから、スポーツにおけるコンタクトの活用範囲はかなり広いものがあるはずです。

また、左右の視力に差が大きい時は、やはりコンタクトレンズを使った方が見やすいと言えます。

高度医療機器であるコンタクト

コンタクトレンズは、取り扱いに細心の注意が必要な高度医療機器なんですね。目に直接入れて視力を矯正しますので、雑に扱うわけにはいきませんし、また、つけっぱなしにできるものではないんですね。

そんなことから、仮にコンタクトレンズ中心の生活を送るにしても結局のところ、メガネもまた必要になってしまうわけです。

したがいまして、コンタクトレンズは外出する時に装用するようにして自宅ではメガネを使用するという使い分けが望ましいのであります。

また、コンタクトレンズを使用する場合は、3ヶ月に1回程度定期的な目の検診を受けるべきでしょう。このように考えますと、コンタクトレンズを使用するということはかなり面倒が増えることでもありますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事