飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

近視を治療するトレーニングの効果で視力を回復できるの?

スポンサーリンク

近視が回復できるケースもあります

世の中には、視力回復センターなどというものが存在しています。ということは、近視は治療としてしっかりとトレーニングすれば回復させることができるのかと思えてきますよね。

『全ての近視をトレーニングで回復させることができます』などと、大風呂敷を広げるわけにはまいりませんが、近視でもトレーニングをすることで回復させることができるケースもあるということが正解と言えるでしょう。

近視というのは、1.2あった視力がある時突然、0.1以下に低下するというものではなく徐々に進行していくものです。徐々に進行する近視で、視力が0.1以下にまで落ちてしまった場合は、いくらトレーニングを行っても回復させることは難しいものがあります。

しかし、それでも適切なトレーニングを実行することで、多少の回復は見込めるでしょう。

仮性近視に効果があるトレーニング

近視の種類は、一つというわけではなく、実は“仮性近視”と真性近視”という二つの種類があります。この前者の仮性近視に対してであれば、視力回復トレーニングが効果が期待できるのであります。

仮性近視とは、文字通り近視の状態が固定化されているわけではなく、ピント調節を行っている筋肉である毛様体筋が緊張状態に陥っていることから、見るものがボヤケてしまうのであります。別の言い方をすれば、軽度で近視の初期状態ということになりますね。

仮性近視で、緊張状態にある毛様体筋が完全に固定化されると真性近視となってしまいます。真性近視にまで進行した近視は、仮に一生懸命トレーニングを行ったとしても、元の状態にまで回復させることはできません。

子供に多く見られる仮性近視

子供の近視の始まりは、そのほとんどが仮性近視です。そんなことから、子供近視は適切なトレーニングを実行することで治る可能性があるんですね。

仮性近視は、そのままにしておくと確実に真性近視へと進行することになります。成長期にある子供近視は、多くの場合、さらに視力が低下していくことになるのです。

そうすると、生涯にわたってメガネやコンタクトを使った生活になるわけですね。そうはならないための、一つの方法として視力回復トレーニンがあるということになります。

ただし、子供の近視だからと言って、その全てがトレーニングによって視力が回復できるわけではありません。あくまでも、視力を回復できる可能性があるというだけのお話ですから、誤解のないようにしてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事