飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

市販の目薬と蒸しタオルの相乗効果で視力回復を図る方法

スポンサーリンク

ドライアイなどが原因の視力低下

視力が低下する原因には、様々な要素がありますが、その中にはドライアイや疲れ目が原因となることが少なくありません。

このようなケースでは、市販の目薬と蒸しタオルを使った相乗効果で視力回復を期待することができるでしょう。

ただし、さらなる効果のアップを図るのであれば、やはり目薬は病院行でそれなりのものを処方してもらった方が良いのは、ある意味当たり前のことと言えますね。

ただし、近視や乱視、そして遠視などや何かしらの眼病が絡んで視力が低下している場合は、目薬と蒸しタオルを使った視力回復法では効果がありませんので、ご注意くださいね。

視力低下が始まると止まらない

原因はともかくとして、一度視力の低下が始まりますと、それこそあっという間にメガネやコンタクトレンズなどで視力矯正しなければ不自由になるほど下がり続けてしまいます。

ご自身の視力が低下している原因を理解している方は、目薬の効果を期待できるかどうかを判断することができるでしょう。しかしながら多くの方は、視力が低下した原因を把握していないというのが実情なんですね。

近ごろ「目がかすむ」とか「物が見づらくなった」などの症状を自覚しているけれども、原因までは把握していないということであれば、やはり眼科に行って診察を受けるべきでしょう。

なぜならば、目の病気を発症する前の段階で眼科医に診察してもらえば、目薬で視力の回復を図れる可能性が高くなるからなんですね。

視力回復の確率が低い目薬

ドライアイや疲れ目が原因となって視力の低下が始まることがありますが、そんな時、蒸しタオルを使って眼球周辺の血液循環を改善した上で目薬を点眼することで視力を回復できる可能性はあります。

しかしながら、目薬と蒸しタオルを使った相乗効果と言いましても、やはり視力が回復できる可能性は、あまり高いとは言えないというのが本当のところでしょう。この方法に、あまり大きな期待をかけない方が良いと思います。

もっとも確実な方法の視力回復手術

視力を回復させるために最も確実な方法と言いますと、何と言っても手術ということになるでしょう。そして、視力回復手術で、最も有名な方法はレーシック手術になります。

レーシック手術は、歴史や実績もそれなりにありますので、クリニックの選択方法を誤らなければ、手術のリスクも最小限に抑えることができます。

また、最近ではコンタクトレンズのような特殊レンズを目の中に埋め込むことで視力の回復を図るという方法が注目を集めています。

※こちらをご参照ください。
>>目の手術で視力回復できるのかと言えば可能でしょう<<




スポンサーリンク


関連記事

新着記事