飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

老眼で低下した視力を回復できるツボってありますか?

スポンサーリンク

老眼を回復できるツボってあるの?

東洋医学には、全身に存在している経穴とも呼ばれるツボを刺激してあげることで身体的な不調を整えることができる治療の方法があります。

なにしろ私たちのカダラには、WHOが認めているだけでも361穴ものツボがあるのです。

これだけのツボがあったら『もしかしたら老眼を回復させることができるツボってあるの?』などと淡い期待を抱いてしまうかもしれませんね。しかし、残念なことに老眼で視力が低下した状態にある目を回復させることができるツボというのは存在しないというのが実情なのであります。

ハッキリと言わせていただくとすれば、人間のカラダには老眼を回復できるツボはありません。

ツボへの刺激で疲れ目を解消してあげましょう

前述したように、老眼を回復させることができるようなツボは人間のカラダにはありませんが、しかし疲れ目を解消させる効果があると言われているツボであれば存在しているんですね。

疲れ目は老眼の症状を進行させることにつながりますのでツボへの刺激は、結果として老眼対策として有効であると言えるでしょう。

それでは具体的に、疲れ目に効果があると言われているツボにはどのようなものがあるのでしょうか?

疲れ目の解消に効果があると言われているツボ

疲れ目の解消に効果があると言われ、結果として老眼対策としても有効であると考えられているツボには下記のようなものがあります。

・太陽(たいよう)
・清明(せいめい)
・魚腰(ぎょよう)
・攅竹(さんちく)
・承泣(しょうきゅう)
・糸竹空(しちくくう)

以上のようなツボが、疲れ目や眼精疲労の対策として効果があると言われているツボになります。これらの中でも「攅竹」「魚腰」「糸竹空」と呼ばれている3つのツボは、老眼を回復させるまでの効果はありませんが、しかし、予防する効果はあると言われているんですね。

このような3つのツボを毎日刺激してあげることで、老眼の進行を大きく遅らせることができるのであります。

ちなみにこれら3つのツボは眉毛のところに存在していますが、詳細なツボの位置に関しましては、「ツボの名称 ツボ」でグーグル検索していただければ画像つきの位置説明が出てきますのでご参照いただければと思います。

また、ツボを刺激するにあたっては、ゆっくりとそして優しく行うようにしましょう。ツボの位置が眼球に近いところにありますので、くれぐれも傷つけないようにご注意いただきたいと思います。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事