飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

主なものとしては3つの代表的な種類があるレーシック手術

スポンサーリンク

3種類の代表的なレーシック手術の方法

視力矯正手術であるレーシック手術と言いますと、かつては1つの方法しかなかったわけでありますが、当然のことながらレーシックの技術も目覚ましく進歩しているんですね。

したがいまして、今の時代は代表的なものとして3種類の方法が採用されるようになっています。レーシック手術の代表的な方法としては、下記のような3つの種類があります。

(Ⅰ)イントラレーシック
(Ⅱ)ウェーブフロントレーシック
(Ⅲ)エピレーシック

それでは、個々に取り上げさせていただきたいと思います。

(Ⅰ)イントラレーシック・・・従来のレーシック手術の第1ステップでは、角膜の表面をマイクロケラトームと呼ばれる専用の器具で薄く円形状に切り取って蓋を作ることになります。この円形状の蓋は、角膜からは切り離すことなす繋げておくのですが、この蓋のことをフラップというんですね。

レーシック手術におけるレーザーの照射は、実はこのフラップに隙間から行うことになるのです。イントラレーシックでは、マイクロケラトームも代わりにイントラレースレーザーでフラップを作るわけであります。

当然、マイクロケラトームよりもイントラレースレーザーの方が高精度な手術を行うことができます。

(Ⅱ)ウェーブフロントレーシック・・・ウェーブフロントレーシックでは、角膜に対する屈折率の矯正を行う前の段階でウェーブフロントアナライザーと呼ばれる器具を使って眼球の表面の様子を確認することができます。

眼球の表面の状態を確認することができますので、エキシマレーザーで屈折率を矯正するにあたってズレの修正を可能としています。したがいまして、従来のレーシック手術よりも良く見えるようになるという評価を得ている手術の方法でもあります。

(Ⅲ)エピレーシック・・・エピレーシックは、エピケラトームと呼ばれる器具を駆使することでイントラレーシックよりも薄いフラップの作成を可能としている手術の方法になります。

エピレーシックの技術によって、それまでは角膜が薄くてレーシック手術が不適合と言われていた人たちに対しても、も視力矯正手術を行うことができるようになりました。

レーシックは、1990年頃に開発された技術であると言われておりますが、その後の進歩は目覚ましいものがありまして物凄い勢いで新たな技術が登場してまいります。その分、今までは手術を受けることができなかった人にまで門戸が解放されてきているわけですね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事