飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーシックって具体的にはどんな手術が行なわれるのですか?

スポンサーリンク

レーシックを聞いたことがない人はいませんよね

レーシックの手術と言いますと、それなりに歴史というものを積み重ねてまいりましたので、この名称をご存知ない方は、あまりいらっしゃらないかと思います。

しかしながら、具体的にどのような手術が行われるのかということにつきましては、詳しいことはしらない方が多いことでしょう。

ということで今回は、レーシックではどんな手術が行われるのかということについて説明させていただきたいと思います。

レーシックではどんな手術が行われているの?

かつて行われていた視力回復手術と言いますと、角膜に対してダイヤモンドメスを使って放射線状に切れ目を入れるというRK手術と呼ばれる方法でした。

しかしながら、今の時代に行われているレーシック手術ではエキシマレーザーと呼ばれるレーザー光発生装置を使って行われております。ちなみにエキシマレーザーは、希ガスやハロゲンなどの混合ガスを使ってレーザー光を発生させています。

かつてはダイヤモンドメスで行われていた屈折率の矯正は、今の時代はレーザー光線によって行われているということですね。屈折率を適切に矯正することで、視力は回復することになるのであります。

レーザー照射の前にフラップが作られます

今の時代のレーシック手術では、レーザー光線を照射して屈折率を矯正する前の段階で、フラップと呼ばれる大変に薄い角膜の蓋を作ることになります。もちろん、点眼麻酔を効かせてからの作業になりますのでご安心ください。

このフラップは、マイクロケラトーム(かんなをイメージしてください)と呼ばれる専用の器具を使い角膜の表面を削って目からは離れないようにして作られます。マイクロケラトームは、年々精度が向上して今や大変に信頼性が高い器具となっています。

フラップをめくりエキシマレーザーを照射して矯正します

エキシマレーザーを、このフラップをめくって照射することで屈折率を矯正することになります。屈折率の矯正作業が終了するとフラップを元に戻します。その後は、感染症を防ぐ意味でも抗生物質が入った点眼剤を打ち込んでレーシックの手術は終わるわけですね。

ちなみにレーシック手術では、近視、遠視、乱視の視力回復を可能としています。さらに言えば、レーシック手術の成功率は高く、95%以上という数字を誇っていますので安心して受けることができる手術と言っても良いかもしれませんね。

もちろん、成功していない5%という数字が気になる人もいるかもしれませんが・・・。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事