飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

保険診療の対象ですか?健康保険適用とならないレーシック

スポンサーリンク

全額自己負担となるレーシックの手術で必要となる費用

レーシックの手術を真剣に受けようと考えている方にとって、健康保険が適用となるのかどうかということは、大変に大きな問題となるでしょう。

なにしろ、健康保険が適用となれば、手術で発生する費用の負担は3分の1になりますからね。

しかしながら、残念なことにレーシックの手術は健康保険が適用となる保険診療ではなく、健康保険が適用とはならない自由診療なのであります。要するに、レーシックの手術は社会保険や国民健康保険は適用されないということです。

したがいまして、レーシックの手術で必要となる費用は全額自己負担になるわけであります。それでは具体的に、レーシックの手術ではどのくらいの費用が必要となるのでしょうか?

実際にレーシックの手術で必要となる費用

レーシックの手術では、大体のところ20万円程度は必要となるでしょう。ただし、料金設定はクリニックによって異なっておりますので、安いところでは10万円を切っているクリニックも現実に存在しています。

しかしながら、レーシックの手術は安ければ良いというものではありません。レーシック手術の満足度と言いますと、それはやはり執刀する医師の腕にかかっていますからね。

安い料金設定のクリニックにお願いして、失敗しているとは言えないものの満足度が低かったら、ご自身が困ることになるでしょう。

ハッキリと言わせていただくとすれば、大手のクリニックで評判が良いところは、やはり20万円くらいの料金設定になっている傾向にありますので、あまり安いクリニックを選ぶのは、後々のことが気がかりなのは間違いのないところかと思います。

手術給付金の支給対象となる可能性があるレーシック

前述した通り、レーシックの手術は健康保険が適用となりません。しかしながら、個人的に医療保険に加入しているということであれば、手術給付金が支給される可能性はあります。もちろん、それは医療保険に関する契約の内容次第ということになりますけれどもね。

医療保険の種類によっては、手術給付金でレーシックの手術で必要となる費用の全額を賄うことができるものもあります。

当たり前のお話ではありますが、レーシックの手術を受けるからと言って、これから加入するのでは対象となることはありませんのでご注意くださいね。

また、レーシックの手術は確定申告において医療費控除の申請をすることができます。この手続きによって、多少ではありますが還付されることになるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事