飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

乱視や遠視は?近視だけではないレーシックで出来ること

スポンサーリンク

乱視、遠視、老眼までも対応可能となったレーシック

もしかしたら皆さんは、レーシックの手術と言いますと近視しか回復させることが出来ないと思っていたりしませんか?

しかしながら、レーシック手術に関する技術も大きく進歩しているわけでありまして、今の時代では近視だけではなく、乱視や遠視、そしてなんと老眼までもが対応可能となっているのであります。

ただし、乱視や遠視、そして老眼の視力回復手術に関しましては、どこのクリニックでも対応できるということではないのです。要するに、最先端の設備が整っていて、尚且つそれを使いこなすことができるクリニックでなかれば対応ができないということです。

レーシックは万能ではありません

前述した通り、今の時代はレーシック手術で乱視や遠視、そして老眼までも視力を回復させることができるようになりました。しかしながら、だからと言ってレーシックは万能というわけではありません。例えば、強い乱視や遠視のケースでは視力の回復も難しくなってしまいます。

また老眼は、視力を回復させるというよりも、人為的に不同視にすると言ったほうが正しいように思います。要するに、どちらかの目を近くを見るための矯正を行い、もう一方の目を遠くを見るための矯正を行うということです。

遠くを見るための矯正はともかくとして、近くを見るための手術は、眼球に特殊なリングを埋め込むことになりますので、普通に行われているレーシックの手術とは別物であると言えるでしょう。

費用が高額となるレーシックの手術

皆さんもご存知のことと思いますが、レーシックの手術は健康保険が適用とならない自由診療なんですね。要するに分類的には、レーシックの手術は美容整形手術と同じようなものであるということになります。

したがいましてレーシックの手術は、それぞれのクリニックにおいて独自に価格設定を行っているということです。

ということで、上記で説明しているような乱視や遠視、そして老眼の視力回復手術ということになりますと、他のクリニックでは行っていないことから、価格設定がかなり高額となっていることが多いというのが実情です。

そんなことから、近視以外でレーシックの手術を受けたいと思っている方は、価格面も含めて良いクリニックを探すことが厄介かもしれませんね。しかし、例え手間暇がかかったとしてもクリニック選びは慎重に行いたいものですね。

安易にクリニックを選んで、後悔は誰もがしたくはないでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事