飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

老眼はレーシックによる治療で治るの?後悔している人が・・・

スポンサーリンク

それなりの歴史を積み重ねてきたレーシック

レーシックの手術が世界で始めて行われたのは1990年のギリシャでのことでした。そして1995年になりますと、レーシックの手術でエキシマレーザーの使用がアメリカ食品医薬品局によって認可されることになったのです。

その後、アメリカでは1998年以降にはエキシマレーザーによる屈折矯正手術が中心的な役割を担うようになったのであります。

日本では、かつての厚生省においてエキシマレーザーの使用が認可されたのは2000年の1月のことです。ということでレーシックは、それなりの歴史を積み重ねてきたということになります。そして今の時代は、老眼でもレーシックを受けることができるようになっているのであります。

老眼を治すことができる手術ではないレーシック

もしかしたら『レーシックで老眼を治せるの?』などと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、レーシックは老眼を治すことができる手術ということではないんですね。レーシックは、「近視」「遠視」「乱視」を治すために手術なのであります。

要するにレーシックは、屈折率に変化を与えることで視力の矯正を行うために手術ということになります。

ちなみに老眼とは、眼球の老化が進行することで水晶体が硬直化して焦点を合わせることが難しくなっていく症状のことを言います。

老眼であって治療を受けることができるレーシック

レーシックは老眼を治すことができる手術ではありませんが、しかし老眼であっても近視や遠視、そして乱視の矯正するための手術は受けることができるということです。

そもそものお話ですが、眼球の老化が始まるのは25歳からくらいと言われることもありますが、実際に老眼の進行が始まるのは早い方で30歳代になってからと考えられております。

例えば、早い段階でレーシック手術を受けていますと、当然、遠方の物がよく見えるようになりますので、老眼に始まりに気がつくことができるんですね。

視力が低下した上で、さらに老眼が加わってしまいますと、メガネによる矯正ではかなり不自由に感じている方が多いというのも事実なのであります。

また年齢が進めば進むほど、レーシック手術を受けた後の回復具合に遅れが生じることになりますし、老化が原因で眼病を患いますとレーシックの手術自体を受けることができなくなることもあるのです。

したがいまして、もしレーシック手術を受けようと真剣に考えている方は、できるだけ早い段階で受けるべきでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事