飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

手術後のドライアイという後遺症に悩まされるレーシック難民

スポンサーリンク

ドライアイの後遺症リスクが存在するレーシック手術

レーシックの手術を受けたいと考えている方にとっても、最も気になる点は何かと申せば、それはやはり何と言っても後遺症が残るのかどうかということになるのではないでしょうか?

一応、表面的にはレーシック手術を受けて後遺症が残ったとしても、それはあくまでも一時的なものでしか過ぎないということになっています。

そんなことから、後遺症が生涯にわたってのこることはないというお話にはなっているのであります。しかしながら、手術を受けた方たちの中にはレーシック難民と呼ばれる人たちが間違いなく存在しているんですね。

レーシック難民とは、要するに レーシック手術を受けた結果、後遺症に悩まされるようになった人たちのことを言います。そして実は、レーシック難民は増え続けているとも言われているのであります。

一時的なもので治まると言われているレーシック手術の後遺症

レーシック手術の代表的な後遺症と言いますと、具体的には下記のようなものになるでしょう。

・ドライアイ
・ハログレア
・目の充血

それでは、個々に説明させていただきますね。

・ドライアイ・・・レーシック手術を受けたからと言って、必ずドライアイに悩まされるようになるというわけではありません。例えばのお話ですが、涙の分泌される量が多い人はドライアイにならないことだってありますからね。

また、表面上はドライアイになっても3ヶ月程度で治まりますといういことにはなっています。ただし、レーシック手術を受けた結果、ドライアが治まらないことから集団訴訟にまで発展してしまったケースもあるのですが・・・・。

・ハログレア・・・ハログレアなどという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、これは暗い場所で明るいものを見た時にかなり眩しく感じる症状のことを言います。

なぜこのような症状が現れるのかと申しますと、それは屈折を矯正したところとそうではないところから入ってくる光の屈折に違いが起きたことから乱反射してしまうからなのであります。一般的にハログレアは、6ヶ月~1年程度で治まると言われております。

・目の充血・・・レーシックと言いますと、角膜を削るような手術を受けるわけdせうから、白目の部分はどうしても充血してしまいます。ただ、レーシック手術で起きる白目の充血は、3週間くらいで治まりますので、あまり気にする必要はないでしょう。

レーシック手術を受ける、やはり何かしらの後遺症が出ることになります。手術後の違和感が、いつまでも続くようであれば、早目に実施して医療機関に相談するべきでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事