飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーシック手術における向き不向きって何のお話ですか?

スポンサーリンク

誰でもが受けられるわけではないレーシック手術

レーシックの手術には、昔から向き不向きがあると言われております。

ただ、レーシック手術に馴染みがない方からすれば『レーシックの向き不向きって何のお話ですか?』などと疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。

そもそものお話ですが、レーシック手術とは要するに視力を回復させるために角膜を削って光の屈折に変化を与える手術ということになります。

しかしながら、このようなレーシックの手術というのは、誰でも受けることができるわけではないんですね。そんなことから、『レーシック手術には向き不向きがある』と言われるようになったということです。

レーシックの手術に向かない人たち

レーシックの手術に向かない人たちというのは要するに、下記のような人たちになります。

・年齢がレーシック手術適用の範囲外にある人
・職業柄受けない方が良い人
・何らかの疾患を抱えている人
・妊娠している人
・角膜が薄い人

レーシックの手術というのは、全ての年齢層の方が適用となるわけではありません。例えば、成長期にある未成年の方やご高齢の方は、やはり適用の範囲外ということになるんですね。

特に成長期にある未成年の方の場合、まだ視力が安定していませんから、そんな段階でレーシックの手術を受けても、その後に視力がさらに低下してしまう可能性があります。これでは、レーシックの手術を受けても意味がなくなってしまうでしょう。

ただし、本人の強い希望と保護者の同意があって、さらに医師がOKを出せば手術を受けることができる可能性はあります。

一方、ご高齢の方の場合ですが、ほとんどのクリニックではレーシック手術の適用対象は、年齢の上限を60歳と定めております。ただし、それもクリニックの医師の判断によりますので絶対ではありません。

しかしながら、年齢的に角膜の状態を考えた場合、60歳以上の人が角膜を削るレーシックの手術を受けることは、やはり無理があると思います。

ところで、職業の中にはレーシックの手術を受けると従事できないケースもあります。具体的に言えば、パイロットということになりますね。

また、眼病や糖尿病のような病気を患っているとレーシックの手術を受けることができませんし、妊娠中は感染症を予防するための薬を服用せきませんので手術の適用外となります。

世の中には、一般の人よりも角膜が薄い方がいらっしゃいますが、レーシックは角膜を削る手術ですから、このような方もレーシックの手術には向いていないということになるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事