飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

医師の技術や経験によって変わってくるレーシック手術の成功率

スポンサーリンク

医師に技量に左右されるレーシック手術の成功率

昔からお医者さんのことを表現する言葉には、「ヤブ医者」と「名医」という両極端な言葉があります。

病院に行って治療を受ける患者さんの立場からすれば、ヤブ医者は論外としても一般的な技量の医師よりも名医と呼ばれる医師の治療を受けたいと誰もが思うことでしょう。

そしてレーシック手術なのですが、実のところを言えば医師の技量によって成功率が異なった元なるのであります。もちろん、成功率が低いと言ってもそれが失明のことを意味しているわけではありませんからね。

要するに、医師の技量によって術後の満足度に差が出てしまうということです。ハッキリと言わせていただくとすれば、レーシックの手術はどこのクリニックで受けても同じということにはなりませんのでご注意いただきたいと思います。

医師に技量でレーシック手術の成功率が左右される理由

レーシック手術の成功率が、医師に技量によって大きく左右されるのは、ある意味当然のことではありますが、もっと具体的に言いますと下記のような3つ要素によるものなのです。

(Ⅰ)そもそも医師の技術力が違う
(Ⅱ)医師の経験値が圧倒的に違う
(Ⅲ)最新の機器が備わっている

それでは、個々に取り上げることにしますね。

(Ⅰ)そもそも医師の技術力が違う・・・当たり前と言えば当たり前過ぎるお話なのですが、医師の免許を持っているからと言って技術力までもが同じというわけではありません。

仮に最新の優れた医療機器が備わっている病院であっても、実際に執刀するのは医師の手に頼ることになります。そうすると、やはり執刀医の技術力の差というものは現れてしまうんですね。

例えばのお話ですが、技術力が低い医師の手術を受けた場合、合併症のリスクは高くなりますし、肝心の視力が戻らないこともあるということです。

さらに言えば、フラップの作成が甘かったりしますと不正乱視が起きる可能性もあるのです。要するに、技術力が低い医師の執刀を受けるとリスクはより高くなってしまうということです。

(Ⅱ)医師の経験値が圧倒的に違う・・・レーシックの手術は特に経験が大きく物を言いますのでは、やはり経験値が高い医師の手術を受けたいものです。

レーシックは、眼科でも美容クリニックでも受けることができますが、美容クリニックの方が経験値が高いので、こちらの方がリスクは低いと言えるでしょう。

(Ⅲ)最新の機器が備わっている・・・レーシックの手術は、実際に使われている医療機器によっても成功率に差が出てまいります。したがいまして、手術の費用が多少高くなったとしても最新の設備が整っているクリニックを選択するべきでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事