飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーシックで気をつけなければならない手術後の3つの注意点

スポンサーリンク

手術後すぐに普通の生活ができるわけではありません

レーシックに限ったお話ではありませんが、手術と名がつけば人間のカラダにメスを入れるわけですから、手術後すぐに今まで通りの当たり前の生活ができるはずがありません。

手術の種類によって、当たり前のお話ではありますが、生活を送っていく上で注意すべき点がいくつかあるわけです。

それでは具体的に、レーシックの手術を受けた後というのは、どのような点に注意をしたら良いのでしょうか?

レーシック手術後の3つの注意点

レーシックの手術を受けた後は、下記のような3つの点に注意するべきでしょう。

(Ⅰ)お風呂に関すること
(Ⅱ)化粧に関すること
(Ⅲ)スポーツに関すること

それでは、個々に説明させていただきますね。

(Ⅰ)お風呂に関すること・・・レーシックの手術を受けた場合、その当日は入浴さえも禁止されています。それどころか、洗顔を行うことすらNGなのであります。

レーシックの手術を受けますと、翌日にも検査が行われることになりますが、その時に異常がなければ入浴は可となるでしょう。ちなみに、洗顔はまだ少しばかり様子見ということになるかもしれませんね。

(Ⅱ)化粧に関すること・・・レーシックの手術を受けた後というのは、当然、化粧はNGということになりますが、その期間はだいたいのところ、1週間程度と言われております。

レーシックの手術後に、なぜ化粧がNGになるのかと申しますと、それはやはり目の周辺にも化粧をするからに他なりません。

例えばのお話ですが、化粧するに当たってはファンデーションを目の周辺に塗るかと思います。また、アイライン、アイシャドー、マスカラなどは指で目の周辺に触れることになるでしょう。このような行為は、レーシックの手術後にはやはり危険であると言わざるを得ません。

したがいまして、手術後の1週間は化粧をしてはいけないということになるわけですね。

(Ⅲ)スポーツに関すること・・・スポーツに関しても、レーシックの手術後、1周間程度は控える必要があります。特に格闘技のようなコンタクトプレーがある場合には、1ヶ月以上は行うべきではありません。

万が一にでも、眼球に衝撃を与えてしまったら大変なことになりますのでご注意いただきたいと思います。

また、上記のような3つの注意点だけではなく、レーシックの手術を受けた後は目に負担をかける行為はNGと考える必要があります。例えば、目を擦ったり、マッサージを行うことは絶対に止めてくださいね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事