飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーシック手術を受けた後に合併症が起きる確率は高いの?

スポンサーリンク

低い確率ではないレーシックで合併症が起きる確率

レーシックに限ったお話ではありませんが、手術と名が付けば、そこには合併症が起きる可能性があると考えるべきでしょう。

もちろん、実際にレーシックの手術を受けるにあたって問題となるのは、合併症が起きる確率が高いのか低いのかということになると言えるかもしれません。

ハッキリと言わせていただくとすれば、レーシックの手術を受けた後に合併症が起きる確率は、けっして低いものではないということです。

それでは具体的に、レーシックの手術を受けた後に合併症が起きるとすれば、どのような症状が現れてくることになるのでしょうか?

レーシックの術後に起きる可能性がある3つの合併症

レーシックの手術を受けた後に起きる可能性が高い合併症は、具体的には下記のうような3つの症状ということになるでしょう。

(1)ドライアイ
(2)結膜下出血
(3)見るものがボヤける

それでは、個々に取り上げさせていただきたいと思います。

レーシックの術後に最も可能性が高い合併症のドライアイ

レーシックの手術と言いますと、受けた方の多くは、このドライアイになると言われているのであります。具体的な症状としましては、「目が乾燥する」というのは当然のこととして「目がゴロゴロする」などを体験することになるでしょう。

なぜレーシックの手術を受けるとドライアイになりやすいのかと申しますと、それは角膜の表面を切るからなんですね。ドライアイがどのくらいの期間、続くのかは個人差があります。

このうような症状が現れた場合は、クリニックから目薬を処方してもらって対処すると良いでしょう。適切に対処をすれば、だいたいのところ3ヶ月程度で治まることになります。

レーシックの術後に現れる可能性がある合併症の結膜下出血

結膜下出血とは、眼球の白目の部分に出血が見られる症状のことを言います。なぜ、レーシックの手術を受けた後に結膜下出血が起きる可能性があるのかと申しますと、手術中に結膜の血管を傷付けてしまうことがあるからです。

ただし、レーシックの手術を受けた後に現れる結膜下出血という症状は、2週間くらいで治まることになるでしょう。

術後に現れる可能性がある見るものがボヤける症状

繰り返しになりますが、レーシックの手術は角膜に切り込みを入れるわけですから、やはり見るものがボヤけるという症状が現れることが少なくありません。

ただし、この症状も徐々に安定していくいくことになります。しかしながら、万が一、フラップが適切に作られていなかったり、あるいは角膜の厚みが適切に矯正されていなかったりすると、症状が治まらないこともありますし、酷い場合は悪化することもあるのです。

やはりレーシックは、評判が良いクリニックにお願いしたいところですね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事