飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

角膜に対する術式によって料金体系が異なるレーシック手術

スポンサーリンク

細分化されている今の時代のレーシック手術

眼科等の医療関係者でもない限り、ただ単にレーシック手術と聞いても同じような手術が行われていると思っている方が多いのではないでしょうか?

しかしながら、レーシック手術は細分化されているわけでありまして術式が色々と存在しているのです。

日本には“ピンからキリまで”という諺がありますが、レーシックの手術においても、まさに同じようなことことだと言っても良いかもしれませんね。

当たり前のお話ではありますが、良い術式のレーシック手術は、その分、より価格設定は高くなるでしょう。

それでは具体的に、レーシック手術にはどのような術式があるのでしょうか?

イントラレーシックと呼ばれる術式

レーシック手術の術式には、その代表的な方法としてイントラレーシックとエピレーシックと呼ばれる方法があります。

最初にイントラレーシックについて説明させていただきますが、実のところを言えば、このイントラレーシックは、業界において『レーシックを超えたレーシック』と言われるほど評価が高い優れた術式なのであります。

何が優れているのかと申しますと、レーシック手術で必要となる角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を生成する技術なのであります。

一般的なレーシック手術では、フラップは電動メスであるマイクロケラトームで形成されることになります。それに対してイントラレーシックでは、コンピュータによって制御されたレーザーでフラップを形成するんですね


いくら優れた技術力を持った医師がマイクロケラトームを駆使してフラップを形成しても、そこはやはりコンピュータによって制御されたレーザーで形成されたフラップの方が、より精巧なものができるのは当然のことなのであります。

一般的に行われているレーシック手術では、どうしても角膜の断面が荒くなるという欠点がありました。しかしならがイントラレーシックであれば、このような心配は無用となったのです。

ただし、イントラレーシックでは精巧なフラップを形成することから、どうしても一般的なレーシック手術よりも時間が必要となるでしょう。

ちなみにイントラレーシックを受けるにあたって必要となる手術の費用はと申しますと、だいたいのところ片目で20万円程度と考えていただければと思います。

エピレーシックと呼ばれる術式

エピレーシックと呼ばれる術式では、角膜上皮だけでフラップを形成するのですが、その際に使われる機器がエピケラトームなのであります。

この優れ物のエピケラトームを使うことで、従来は角膜が薄くて手術を受けることができなかった人でも対応を可能としています。

さらに言えば、エピレーシックでは徐々にフラップが落ちて新しい角膜が誕生することから、少しばかりの衝撃でもフラップがズレるという現象が起きないというメリットがあるということです。

そんなことからエピレーシックは、一般的なレーシックよりも視力回復の面では安定したものとなるという評価が高いのであります。

ちなみにエピレーシックは、イントラレーシックよりも費用の面では安くなっておりまして、だいたいのところ16万円程度で受けることができるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事