飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーシック手術を受けるにあたっての良い病院の選び方とは?

スポンサーリンク

手術の件数が大きく減少しているレーシック

近視などで視力が低下した方が、その視力を回復させたいと願う場合、『レーシック手術を受けてみようかな?』などと一度くらいは頭に思い浮かべた経験をお持ちではないでしょうか?

そんなレーシック手術も2008年には手術件数がおよそ45万件だったのに対して、2014年には5万件程度と激減しているということです。

手術の件数が9分の1にまで減少しているのは、某クリニックによる集団角膜感染事件が大きく影響しているのかもしれませんね。

ただし、実際のレーシック手術はと言いますと、良いクリニックで受けた場合、その有効性は長期間にわたる臨床結果によって認められていますし、安全性に関しても高い手術であることは間違いのないところであります。

ということで今回は、質の悪いクリニックを避けて良いクリニックを見分けるための方法についてご説明しますね。

10万件近くもあると言われるレーシックを実施している病院

皆さんは、日本の国内にレーシック手術を実施できる眼科などの病院がどのくらい存在しているかご存知ですか?

実のところを言えば10万件近くもあるということなんですね。そんな中から、あてもなく良い病院を探すとなると、これはちょっと無理があるかもしれませんね。

そして、その手術の対象となるのは人体の中でも最も繊細な神経が張り巡らされている目のことですから、『失敗した』などということは考えたくもないでしょう。

それでは具体的に、レーシック手術を実施する良い病院の選び方はどうしたら良いのでしょうか?

レーシック手術を実施する良い病院の選び方3つのポイント

レーシック手術を実施する良い病院の選び方は、下記のような3つのポイントに注意すると良いでしょう。

(1)情報収集しましょう
(2)カウンセリング実施の有無を確認する
(3)アフターケアの対応を確認する

それでは、個々に説明させていただきますね。

(1)情報収集しましょう・・・単にレーシック手術と言いましても、その方法にはいくつかの種類がありますし、医師の技量はと言えば、まさにピンからキリまであるというのが実情かと思います。

また、病院に備わっている機材についても最新のもが使われているかどうかも確認したいところです。もちろん、費用の問題も重要な病院選びの要素になるでしょう。これらのことは、少なくともホームページで調べてみるべきです。

さらに言えば、口コミによる情報収集も大切ですからね。

(2)カウンセリング実施の有無を確認する・・・レーシックの手術を受けるにあたって、カウンセリングを実施していない病院は選ばない方が賢明です。

(3)アフターケアの対応を確認する・・・レーシックの手術は、術後にドライアイなどの症状が出ることが)少なくありません。したがいまして、アフターケアの対応についても確認する必要があるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事