飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

種類によって人体に及ぼす影響には違いがある紫外線

スポンサーリンク

紫外線とは太陽の光から放たれている電磁波のこと

今の時代は、紫外線と言いますと皮膚に対して大変によろしくない影響を及ぼすことをご存知ない方は少ないのではないでしょうか?

特に、美容の事を気になさる女性の方であれば、尚更であると言えるかと思います。

そんな紫外線なのですが、一体何者なのでしょうか?もちろん、太陽から放たれて地球上に降り注いでいる光の中に存在していることは言うまでもありません。

紫外線とは、太陽の光から放たれている電磁波のことを言います。

ところで、この紫外線なのですが、実のところを言えば種類があるんですね。といううことで今回は、紫外線の種類とその違いや人体に及ぼす悪影響について説明させていただくことにしましょう。

3種類ある紫外線と人体に及ぼす悪影響

紫外線には、下記のような3つの種類があります。

(1)UVA(紫外線A波)
(2)UVB(紫外線B波)
(3)UVC(紫外線C波)

それでは、個々に説明させていただきますね。

(1)UVA(紫外線A波)・・・一般的にはUVAと呼ばれることが多い紫外線A波は、太陽の光の中でも圧倒的に多くを占めている紫外線なのであります。

人体に与える害とという面から見た場合、それほど大きなものではありませんが、しかし、UVAを浴びると強く活性酸素を発生させるように働きかけてしまいます。

その結果、皮膚の健康に欠かすことができないコラーゲンが破壊されてしまうんですね。具体的にどのようなことが起きるのかと申しますと、たるみやシワができやすくなってしまうということです。

(2)UVB(紫外線B波)・・・UVBと呼ばれることが多い紫外線B波は、皮膚にとっては大変に危険な存在であると言えるでしょう。

私たちの皮膚がUVBを浴びますと、皮膚の表面にはかなり大きな負荷がかかることになります。その結果、日焼けするのはもちろんのこと、シミやそばかす原因となってしまうでしょう。

さらに言えば、UVBは皮膚がん発症の原因にもなるのです。太陽光を浴びると、皮膚がんになりやすいと言われることがありますが、それはUVBが元凶となっているわけですね。

(3)UVC(紫外線C波)・・・普通に考えれば、UVCと呼ばれる紫外線C波は地上には到達しない紫外線なのであります。

なぜならば、地球上はオゾン層によって守られているからなんですね。しかしながら、今以上にオゾン層の破壊が進捗しますと、やがては地上にも到達することになるでしょう。

もし万が一にでも、このUVCが地上にまで到達することになりますと人体は大変に強い影響を受けることになってしまいます。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事