飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

日焼けしちゃった!紫外線が肌に与えるダメージってどんなこと?

スポンサーリンク

紫外線が肌にダメージを与えることは常識となっている今の時代

今の時代、紫外線と言いますと肌にダメージを与えることをご存じない方はいらっしゃらないでしょう。

なにしろ夏場ともなりますと、様々なメディアで紫外線対策用の商品が紹介されたりしますからね。

しかしながら、この紫外線が具体的にお肌に対してどのようなダメージを与えるのかということはご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ということで今回は、紫外線が肌に与えるダメージについて取り上げてみたいと思います。

紫外線を浴びると肌にシミができるメカニズム

肌が紫外線を浴びてしまいますと、肌の細胞が損傷してあの厄介なことで有名なメラニン色素が生成されてしまうんですね。もちろん、メラニン色素は肌を守るために生成されるわけではありますが・・・。

例えば、たくさんの紫外線を浴びるとどのようなことが起きるのかと申しますと、次から次へとメラニン色素が生成されてします。

少しの量のメラニン色素であれば、肌の代謝機能によって消え去ってくれるのですが、たくさんの量のメラニン色素が生成されてしまいますと、代謝機能での処理が追いつかないで蓄積されます。その結果、肌にはシミができることになるわけであります。

これが、紫外線を浴びると肌にはシミができると言われているメカニズムなのです。

コラーゲンを破壊する紫外線

ところで、紫外線が肌に与えるダメージはシミができることだけではありません。実のところを言えば、紫外線というのは浴びることでコラーゲンを破壊してしまうんですね。

コラーゲンと呼ばれる栄養素が、肌に弾力や張りを与えてくれることは多くの方がご存知のことでしょう。その大切な栄養素が紫外線によって破壊されてしまいますと、当然、肌からは弾力性や張りが失われてしまうのであります。

その結果、肌にはシワができたり、あるいはたるみができたるするということなのです。また、肌は乾燥することになりますので肌荒れが起きる可能性が高くなるでしょう。

皮膚癌の原因になりかねない紫外線

紫外線を浴びることで最も恐ろしいダメージは、何と言っても皮膚癌の原因になるということです。なぜ紫外線が皮膚癌の原因になるのかと申しますと、遺伝子を損傷させる可能性があるからなんですね。

ハッキリと言わせていただくとすれば、たくさんの紫外線を浴び続けると、それは皮膚癌ができるリスクを大きく高めることになるでしょう。

以上のように紫外線は、肌にダメージを与えることになりますので、しっかしと紫外線対策を講じることをおすすめします。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事