飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

室内でも影響を受けるの?ガラス越しでも吸収せずに通す紫外線

スポンサーリンク

ガラス越しであっても肌は影響を受けることになる紫外線

もしかしたら、室内にいればガラス越しということで吸収されるのではないかと考えて、紫外線による影響を受けることはないと思っていたりしませんか?

ハッキリと言わせていただくとすれば、紫外線は例え室内にいてガラス越しであっても影響を受けてしまうのであります。

ということで今回は、紫外線がガラス越しに及ぼす肌への影響について取り上げさせていただきたいと思います。

ガラス通して肌に影響を与えることになるUVA

屋外にいる時に肌に悪さをする紫外線と言いますと、UVAとUVBという2つの種類になります。

しかし屋内にいれば、UVBはガラスに吸収されてしまいますので、ガラスがある程度の厚みを持っていればほとんど影響を受けることはありません。ただしガラスが薄ければ、やはり注意を怠るべきではないでしょう。

そして問題となるのは、UVAの存在なのであります。屋外にいる時、UVAはUVBと比較した場合、肌が受けるダメージは小さいものの、実のところを言いますUVAはとガラスを通過しやすいんですね。

UVAは、例えガラスがかなり分厚かったとしても簡単に通って肌を直撃してしまいます。したがいましてUVAは、ガラス越しであっても浴び続けると肌には、かなりな影響を受けると考える必要があるということです。

要するにガラス越しの紫外線による影響は、種類によって異なるのであるります。

紫外線対策を講じる必要がある窓ガラス

日当たりの良いオフィスなどで、ガラス越しに太陽の光を浴びる場所にいることが多いということであれば、これはやはり窓ガラスに紫外線対策を講じる必要があるでしょう。

窓ガラスの紫外線対策を具体的に言いますと、紫外線対策用のガラスに張り替えてしまうということです。

しかしながら、窓ガラスを紫外線対策用のガラスに張り替えることを実行するとなると、やはり相当な費用が発生してしまいます。

少しでも経費を抑えたいということであれば、紫外線防止フィルムを貼るという方法もあります。

紫外線防止フィルムを貼るという作業は、それほど難しいものではありませんので、紫外線防止フィルムを購入するだけで費用は抑えることができるでしょう。

『ガラス越しに日焼けをしてしまう』と心配な方で、極力費用も抑えたい場合は、紫外線防止フィルムを貼ることをおすすめします。

ちなみに紫外線防止フィルムは、大きな地震発生時にガラスの飛散を防止することにも繋がりますとので、地震対策としてもおすすめであると言えるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事