飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

要注意!世の中には紫外線を吸収しやすい人がいるらしい・・・!?

スポンサーリンク

世の中には紫外線を吸収しやすい人がいます

当たり前と言えば当たり前過ぎるお話ではありますが、人間の体質には大きな個人差があります。

そして、世の中には紫外線を吸収しやすい人と紫外線を吸収しにくい人が存在しているということです。

紫外線を浴び過ぎると、将来的には皮膚癌を発症する危険性が叫ばれている時代にあって、このような紫外線を吸収しやすい人が存在するという事実は大変に恐怖を伴うことかもしれませんね。

それでは具体的に、紫外線を吸収しやすい人とはどのような体質のなのでしょうか?

紫外線を吸収しやすいメラニン色素が多い人

紫外線を吸収しやすい人とは、具体的にどのような体質をしているのかと申しますと、それはズバリ“メラニン色素が多い人”のことなのであります。

実のところを言いますと、世の中にはメラニン色素が多い人と少ない人が存在しているんですね。

そして、メラニン色素を多く持っている人ほど紫外線を吸収しやすい体質であるということになるのです。

紫外線を吸収しやすい肌の水分が不足している人

紫外線を吸収しやすい人というのは、メラニン色素が多い人だけというわけではありません。ハッキリと言わせていただくとすれば、肌の水分量が不足している人もまた、紫外線を吸収しやすくなってしまうのです。

例えば、水分を多く含んでいる瑞々しい肌を持っている方の場合、ある程度の紫外線を浴びたとしても負けないで跳ね返すことは可能です。しかしながら、水分量が不足してカサカサしている肌の人の場合は、紫外線をモロに吸収してしまうのであります。

したがいまして、紫外線から肌を守るためには常に保湿を心がける必要があるということになるでしょう。

紫外線を吸収しやすくなる食べ物があります

皆さんもご存知の通り、食べ物というのは体質に大きな影響を与えることになります。そして食べ物の中には紫外線を吸収しやすい体質にしてしまうものもあるんですね。

具体的に言いますと、柑橘系の果実には注意が必要であると言えるでしょう。柑橘系の食べ物の中には、ソラレンと呼ばれる成分が含まれているものがありますが、ソラレンは紫外線を吸収するという性質があるんですね。

したがいまして、外出する前にソラレンを摂取するのは避けるべきです。要するに、朝食時にソラレンを含んでいる食べ物を摂取してはいけないということです。

そしてソラレンは、柑橘系の果実だけに含まれているわけではありません。「ニンジン」「パセリ」「セロリ」などの食べ物にも含まれていますので、これらの食べ物は朝食ではなく、夕食時の食卓に乗せるようにした方が良いということです。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事