飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

紫外線対策は夏の時期だけで冬の季節は大丈夫なんですか?

スポンサーリンク

紫外線対策を講じる人が多くなる夏の季節

紫外線が大変に強くなる夏の季節は、しっかりと対策をする方が多いことと思います。特に、シミやシワを気にする女性の多くは、夏の季節になると万全な対策を講じることでしょう。

世の中の雰囲気的には、しっかりとした紫外線対策は、暑い夏場だけで良いと考えている方が少なからずいらっしゃるように思います。

そんな紫外線なのですが、このような対策は夏の季節だけで良いのでしょうか?

1年を通して地上に降り続いている紫外線

ハッキリと言わせていただくとすれば、紫外線は1年を通して地上には降り続いているのであります。

もちろん、夏という季節になると紫外線が大変に強くなることは間違いのないところではありますが、だからと言って他の季節は紫外線対策をしなくても良いということにはなりません。

したがいまして、紫外線対策というものは1年を通して、しっかりと講じる必要があるといういことです。

紫外線が強い月と弱い月があります

1年を通して見た場合、どの月でも同じ強さで紫外線が降り注いでいるわけではありません。紫外線が最も強くなる時期と言いますと、それは「5月」「7月」「8月」ということになるでしょう。

この季節は、特に念入りな紫外線対策を講じることをおすすめします。

それに対して、降り注ぐ紫外線が最も弱くなるのは何と言っても「12月」ということになるでしょう。

繁華街やテレビ、そしてラジオなどからクリスマスソングが流れ始める季節になりますと、紫外線が弱くなることから、対策が疎かになる方が少なくありません。

しかしながら、紫外線が弱くなる12月と言えども紫外線を浴びることには違いがないわけですから、やはりしかりと対策を講じることは大切なことなのです。

この時期に、何の対策を講じない無防備な状態は大変に危険であると言えるでしょう。

油断する人が多い春先の季節

寒かった冬という季節をやり過ごして、温かい春という季節を迎えますと、実のところを言えば紫外線もいきなり強く降り注ぐようになるんですね。

ところが、そんな実態とは裏腹に油断をして紫外線に対して無防備とも言える人が大変に多いのであります。

そんなことから、春先になると肌の調子を悪化させる人が多いのが実態であると言えるでしょう。

ご自身の肌の健康のことを真剣に考えるのであれば、1年を通じて紫外線対策を怠ってはいけないということになります。

あなたの、ちょっとした油断が「シミ」や「シワ」などの肌トラブルの原因になることを認識していただきたいと思います。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事