飛蚊症の原因や症状、治し方や手術、改善プログラム、サプリメントなどについて取り上げます。

レーシックで気をつけなければならない手術後の3つの注意点

手術後すぐに普通の生活ができるわけではありませんレーシックに限ったお話ではありませんが、手術と名がつけば人間のカラダにメスを入れるわけですから、手術後すぐに今まで通りの当たり前の生活ができるはずがありません。 手術の種類によって、当た…

詳細を見る

医師の技術や経験によって変わってくるレーシック手術の成功率

医師に技量に左右されるレーシック手術の成功率昔からお医者さんのことを表現する言葉には、「ヤブ医者」と「名医」という両極端な言葉があります。 病院に行って治療を受ける患者さんの立場からすれば、ヤブ医者は論外としても一般的な技量の医師より…

詳細を見る

レーシック手術における向き不向きって何のお話ですか?

誰でもが受けられるわけではないレーシック手術レーシックの手術には、昔から向き不向きがあると言われております。 ただ、レーシック手術に馴染みがない方からすれば『レーシックの向き不向きって何のお話ですか?』などと疑問に思う方もいらっしゃる…

詳細を見る

角膜にメスを入れるレーシック手術に失明の危険性はありますか?

手術と名がつけば必ず関わってくるリスクの問題手術と名がつけば、例えどのようなものであっても、そこには必ずリスクというものが存在しているのであります。 手術は必ず成功する、などという保証があるはずないですからね。ましてや、レーシックの手…

詳細を見る

手術後のドライアイという後遺症に悩まされるレーシック難民

ドライアイの後遺症リスクが存在するレーシック手術レーシックの手術を受けたいと考えている方にとっても、最も気になる点は何かと申せば、それはやはり何と言っても後遺症が残るのかどうかということになるのではないでしょうか? 一応、表面的にはレ…

詳細を見る

老眼はレーシックによる治療で治るの?後悔している人が・・・

それなりの歴史を積み重ねてきたレーシックレーシックの手術が世界で始めて行われたのは1990年のギリシャでのことでした。そして1995年になりますと、レーシックの手術でエキシマレーザーの使用がアメリカ食品医薬品局によって認可されることになった…

詳細を見る

乱視や遠視は?近視だけではないレーシックで出来ること

乱視、遠視、老眼までも対応可能となったレーシックもしかしたら皆さんは、レーシックの手術と言いますと近視しか回復させることが出来ないと思っていたりしませんか? しかしながら、レーシック手術に関する技術も大きく進歩しているわけでありまして…

詳細を見る

レーシック手術を受けると術後の痛みはどのくらい続きますか?

皮膚の200倍の痛覚である角膜を削るレーシックレーシックと言いますと、その手術の過程において角膜を削る工程があることは多くの方がご存知のことと思います。 ただ、メスを使うにしてもレーザーを使うにしても、このような角膜を削るという行為が…

詳細を見る

保険診療の対象ですか?健康保険適用とならないレーシック

全額自己負担となるレーシックの手術で必要となる費用レーシックの手術を真剣に受けようと考えている方にとって、健康保険が適用となるのかどうかということは、大変に大きな問題となるでしょう。 なにしろ、健康保険が適用となれば、手術で発生する費…

詳細を見る

適合するとレーシック手術が不可となる受けられない条件

誰でも受けられるわけではないレーシック手術現代の社会のようにレーシック手術が当たり前のように行なわれる時代になりますと、この手術はもしかしたら近視の人は誰でも受けることができると思われてしまうかもしれませんね。 しかしながら、レーシッ…

詳細を見る

新着記事